2010年10月16日

車坂峠を自転車で

先週黒斑山を登ったのですが、その帰りにミサトンさんが車坂峠の駐車場に忘れ物をしてしまいました。
登山靴を脱いだあと、なんとそのまま放置して帰ってきてしまったのです!!
履きなれていたし、愛着もあったので、1週間後ですがダメもとで探しに行くことにしました。

せっかくなので、今度は自転車で車坂峠を登ることにしました。
東部湯の丸ICを降りて東部中央公園にデポし、r79(r80)で東へ少し戻ったあと、チェリーパークラインを登ります。

ここんとこ自転車まじめに乗ってないので、10kmちょっとのヒルクライムですが死にそうにキツかったです。
でも天気は良くて鱗雲もキレイ。
P1040387.jpg

残念ながら、というか案の定、忘れ物は見つかりませんでした。(笑)
仕方ないので同じ登山靴を買い直すことにします。

お昼にはまだ早かったのですが、2人とも腹が減って死にそうだったので、登山口にあるビジターセンター内のレストランでコロッケサンドを食べました。揚げたてがサンドしてあって、超おいしいです。おすすめ。

さて、計画では稜線の道を西へ地蔵峠まで渡り、そこから下ります。
しかしこの車坂峠から地蔵峠へトラバースする道、舗装がすっかり痛んでいて、車坂峠からしばらく3kmほどはすっかりダート道になっていました。
P1040389.jpg
構わずオンライドで突破(笑)。奇跡的にパンクしませんでした。

途中の篭ノ登山登山口から道は綺麗になり、紅葉を楽しみながらのダウンヒルでデポ地へ戻りました。
ヒルクラ1本のみでしたが、やはり秋の高峰高原は雰囲気が良く、楽しめました。
もう少し脚があれば、嬬恋方面へ降りてから登り返したりして、トレーニング風味にもできるんですけどね。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(1) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

黒斑山ハイキング

P1040348.jpg
連休最終日は天気が良さそうです。(初日から晴れろよ!)
雨の翌日は空気が澄んでいて見晴らしが良いことが多いので、お手軽に登れる山へ行ってきました。
浅間山の西にある、黒斑山です。車坂峠からならば、あまり苦労せず好展望が望めるようです。

3日前も走った、関越道〜上信越道を使用して、小諸で一般道へ。
チェリーパークラインを登り、8時前に車坂峠の駐車場へ着きました。
メインの駐車場は既に満車。人気あるんだな・・。

最初は辺り一面が霧で、全く眺望がありません。晴天予想なのに、不安になります。
わざわざ天気の悪いところに来ちゃったか?

P1040328.jpg
「表コース」という道を1時間くらい歩き、槍が鞘というところまで来たら、ようやく霧が晴れてきました。陽が差し込み、うっすら虹が見えました。

P1040361.jpgP1040360.jpg
トーミノ頭というところまで来ると、雄大な浅間山が目の前にドーンと見えてきました。凄い!
少し東へ登り、黒斑山(2414m)というところで早めの昼食を摂りながら、圧倒的な浅間山の山容を眺めます。いっぽう南側は朝からずっと雲が溜まったままです。綿菓子みたいです。

P1040356.jpgP1040366.jpg
更に東へ向かうと、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳、Jバンドといった、穏やかでない名前の峰々が続きます。いちばん手前の蛇骨岳というところまで行ってみることにしました。それから先は、地図上では危険マークだったのでヤメました。

P1040371.jpg
稜線歩きを楽しみ、蛇骨岳へ着きました。眼下に嬬恋の風景が広がります。爽快でした。

あまり長居すると、3連休最後の渋滞に巻き込まれてしまうので、この辺りで撤収することにしました。トーミノ頭まで戻って、今度は「中コース」で車坂峠へ戻ります。この道は下りやすくてとても快適でした。ほとんど小走りでデポ地まで戻れました。

13時に車坂峠を後にしたのに、帰りはしっかり渋滞にハマりました。まさか14時から始まるとは・・。
渋滞区間に入る前に、下道でまったりと帰ってきました。


・タイムテーブル・
0450自宅発
0750車坂峠着
0825出発
0920槍が鞘
0930トーミノ頭
0950黒斑山着(昼食)
1055蛇骨岳着
1230車坂峠帰着
1650自宅着
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(2) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

涸沢でテント泊

P1040255.jpg
涸沢の紅葉を見に行く!しかもテント泊で!
これを秋の登山のメインとして考えていました。

仕事はとても休める状況ではないんですけど、無理言って1日だけいただきました。
日程は10月8日(金)から10日(日)まで。
初日に涸沢まで行き、2日目に奥穂を往復、3日目にパノラマコースで下山、という計画です。

前日までの天気予報では、「曇り時々晴れ」→「曇りときどき雨」→「曇り」という3日間でした。
まあ、これならなんとかなるべ!?
並々ならぬ気合いで、この週末に望みました。

P1040249.jpgP1040260.jpgP1040262.jpg
上高地から徳沢までは良い天気!幸先良いぜ!

P1040272.jpgP1040276.jpgP1040283.jpg
横尾から屏風岩を巻いて登る辺りから、やや曇ってきました・・

P1040289.jpgP1040294.jpg
涸沢ヒュッテ付近まで来ると、すっかり曇天。

P1040295.jpgP1040298.jpgP1040303.jpg
いちおうテント張りますが、明日雨降らないといいな・・・。

******************

そして、翌日。
夜の2時くらいからポツポツ降ってきました。
朝、テントから出てみると、どうみても雨です。本当にありがとうございました。
P1040304.jpgP1040305.jpg

結構な降り具合です。「ときどき雨」の類ではありません。
今日はここで1日停滞か?と考えつつ、おでん屋前の屋根付きスペースで朝食を食べていたら、何やらイヤな情報が耳に入りました。

「おい、明日も雨だってよ」

・・・・・!
これにて本日中の撤退を決意しました。
頑張ってテントを畳み、レインウェアを着て下り始めます。
P1040310.jpgP1040313.jpgP1040315.jpg
まあ、雨でも紅葉はとてもキレイ。晴天ならさぞかし凄いんでしょう。

P1040320.jpgP1040321.jpg
前夜からの雨で、屏風岩から滝ができていました。
雨中の下山でしたが、寒くもなく、特に問題はありませんでした。
でも、後ろ髪ひかれまくりです。
天気ばかりはどうしようもないのですが、それでも無念で仕方ありません。

翌日(10日)は関東は昼から晴天でした。
涸沢はどうだったのかな?などと思いつつ、雨に濡れた道具一式を干して過ごしました。

来年も行くからいいもんね!フンッ!


・タイムテーブル・
1日目(10/8)
0330自宅発
0400川越から関越
0800沢渡大橋駐車場着
0820上高地行きバス乗車
0900バスターミナル発 梓川右岸コース
1010明神橋着(休憩)
1110徳沢ロッヂ着(休憩)
1210横尾山荘着(昼食)
1245横尾山荘発
1345本谷橋着(休憩)
1530涸沢ヒュッテ着
1620ミサトンさん「寒いからビールが飲めねえ」とキレる
1630ミサトンさん「おでんの煮込みが足りねえ」とまたキレる


2日目(10/9)
0430起床、雨なので直後にフテ寝開始
0830腹減ったので仕方なく起床
0930朝食完了、本日中の撤収を決意
1015涸沢ヒュッテから下山開始
1135本谷橋着(休憩)
1245横尾山荘着(昼食)
1315横尾山荘発
1415徳沢ロッヂ着(休憩)
1615バスターミナル着 松本在住のカップルにタクシー乗り合いしませんかと言われ快諾
1645くらい 沢渡大橋着、温泉
1740沢渡大橋発
2300くらい 自宅着
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(2) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。