2014年08月24日

北海道をウロウロ 4日目

終日くもり

キャンプ場〜R393〜倶知安〜R5〜r267〜蘭越〜R229〜神威岬〜r913〜積丹町〜R229〜余市〜R5〜倶知安〜R276〜美笛キャンプ場(支笏湖畔)

Googlemapに計算させると323kmくらい。

昨日の時点で残り2日の計画を練り直しました。
本日は後方羊蹄山を避難小屋まで、明日に山頂を踏んでから下山して帰京、という計画です。
しかし、意気込んで早起きしたものの、天気はドンヨリ。もうイヤじゃ。
晴れそうな地域を狙って北海道来たはずなんですけどね。なんでこうなりますかね。泣

とりあえず麓までは行ってみるか、ということで、赤井川国道で山を越えて倶知安まで行きました。
天気は相変わらずドヨーンです。
IMG_0226.jpg
7合目あたりから黒い雲に包まれています。その上はどうなっているか、よくわかりません。
登っていきたい気持ちもあるのですが、ちょっと踏ん切りがつきません。
登山は、迷ったらDNSが吉、だと思っています。
明日の予報もそれほど期待できないので、残念ですが後方羊蹄山も諦めることにしました。
登山靴持ってきたのに、ただの重しになってしまいました。笑

北海道の山を悪くても1つくらい登れるだろ、と思って来たので、全く登れないことになり気分的にかなり落ち込んだのですが、ここで再度プランの練り直しです。あーもう今日はどこへ行こうかね。下調べもしてないしなー。

しばらく話し合った末、本日は積丹半島めぐりにしました。函館は遠いのでパスです。
蘭越まで南下し、そこから西へ進んで海を目指します。
DSC01591.jpgIMG_0237.jpg
神威岬は鮮やかな海が見どころだとか。行ってみましたが、今日は強風のため岬の先までは行けずに封鎖されていました。徒歩40分くらいのお散歩コースがあるらしいのですが、岬の先端までは途中切り立った所を通るので、確かに強風だと突き落とされそうで、封鎖は正しいと思いますです。

積丹町でお昼にします。海鮮丼と三色丼を頼みました。海鮮丼は確か2800円と値が張りましたが、この食事が今回の旅で一番おいしいものでした。ウニもこのくらいで十分だな〜。
DSC01599.jpg
余市経由で倶知安に戻り、本日のキャンプ場の選定を開始。
洞爺湖畔のキャンプ場を目指しましたが、今日は洞爺湖周辺でアイアンマン・ジャパンが開催されており、交通規制で洞爺湖まではかなりの遠回りをしなければならないようです。

そこで、支笏湖の美笛キャンプ場へ変更。途中の牧場、きのこ王国、道の駅で買出しをしました。
牧場ではソフトクリームや牛乳を買い求めました。うむ、これぞ北海道だな!
看板猫(?)にも遊んでもらいました。
DSC01606.jpgDSC01612.jpgDSC01614.jpg

美笛キャンプ場は評判が高い所らしく、確かにとても快適でした。
湖畔はもちろん、林間サイトも良さそう。野生のリスもちょろちょろしてました。
お風呂は場内のコインシャワーで済ませました。
DSC01615.jpgIMG_0248.jpg
結局、かなり悩んで湖畔サイトとしました。虫もおらず、かなり気分のよいロケーションじゃ!
明日はもう最終日か。気ままな旅の生活にようやく慣れてきたのに、帰るのイヤだのう・・。
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

北海道をウロウロ 3日目

雨(道北)のち晴(小樽)

お宿〜(R238)〜(R40)〜(R232)〜留萌〜(R233)〜(道央道)〜小樽IC〜小樽望洋シャンツェキャンプ場(小樽)

Googlemapに計算させると388kmくらい。

朝から雨です。予報は道北・道東はずっと雨。
いっぽう、大雨警報まで出ていた道南の雨は一段落したらしく、回復傾向だとか。
当初の予定では、今日明日は利尻・礼文にいるはずだったので、計画が全くの白紙になってしまいました。
結局、「天気が悪いとどこ行っても楽しくない」ということで、晴天を求めて南へ戻ることにしました。

そして、本日の目的地は小樽となりました。
もし明日天気が良ければ後方羊蹄山に登ろうか、という狙いもあっての決定です。
え〜、でも遠い・・・。たまにはゆっくりしたい・・・。と言ったところで聞き入れてはもらえないので、頑張って運転することにします。
なんだか北海道来てからやたらと車中の時間が長いですが、まあ、北海道はそういうものですかね。
道東にも行きたかったな。今後の宿題とします。

最初は雨が降ってましたが、留萌のあたりでようやく雨が上がりました。空も明るくなりました。
お昼は小平で豪勢にウニ丼を食べました。
DSC01554.jpg
バフンウニとムラサキウニは見た目が違いますが、食べてみると違いがよくわかりませんでした。

高速で小樽に着いた頃にはすっかり天気も良くなり、ちょっと観光もしました。
IMG_0207.jpg
スーパーで買い出しをして、キャンプ場へ。
ここは高台で気持ちの良いところでしたが、蚊が多くて大変でした。

夕食はジンギスカン(昨日、稚内のホーマックでガス缶を買ったのです)、メロン付き。
お風呂は湯の花朝里殿を使いましたが、混んでたな〜。
毛無山展望所で小樽の夜景を楽しんでから、テントに戻りました。
DSC01566.jpgDSC01570.jpgIMG_0209.jpg
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

北海道をウロウロ 2日目

晴れのちくもり

キャンプ場〜(道央道)〜士別剣淵IC〜(R239)〜苫前〜(R232)〜(r106)〜(r254)〜稚内〜(R40)〜(R238)〜宗谷丘陵(r889)〜宗谷岬にあるお宿(宿泊)

Googlemapに計算させると327kmくらい。

本日の天気予報は道北が良くて、道南は雨。したがって、予定通り稚内を目指すことにします。
ツーリングマップルを見ると、宗谷岬までは良い道がたくさんあるようです。
R239、サロベツ原野道(r106)。楽しみ〜。

まずはR239なのですが、ここは静かな森の中を抜けていく道。天気も良く、交通量も皆無で、とても気持ちが良かったです。到達点が苫前の海、というのも良いです。
IMG_0113.jpg

ここからは海沿いのR232を北上します。
途中で立ち寄った初山別の道の駅。隣接するみさき台公園のキャンプ場は海を見下ろすロケーションで、天気が良ければ今回の旅で見た中で一番気持ち良さそうなサイトでした。お風呂も近いし、今度はここに宿泊してみたいと思いました。
IMG_0121.jpg

天塩で昼ごはん。
ツーリングマップルに載っていた店に入りましたが、お目当てのメニューは季節的に終了。
その他のメニューを頼みましたが・・・、微妙でした。やっぱり床がギトギトしているような店はダメかなあ。

サロベツ原野を走る。天気も良く、最高でした。利尻島も今日は晴れているようで、よく見えます。
IMG_0128.jpgIMG_0129.jpgIMG_0127.jpg

さて、本来であれば今日は夕方の便で稚内港から利尻入りする計画なのですが、明日の予報が非常に良くありません。大雨だとか。
ですので、残念ですが利尻・礼文はまたの機会とします。

山を実際に見ちゃうと、登りたい気持ちが強まりますね。この課題は近いうちに再チャレンジしたいと思います。あー、昨日のうちに頑張って利尻入りしていれば、今日は晴天の中で登れたんですよね・・・。今更ながら、少し後悔します。

「夜から大雨」とか言う予報なんで、キャンプ泊するのも勇気が要ります。
泊まる予定だった稚内森林公園キャンプ場を下見してみましたが、無料にもかかわらずとても良さそう。
しかし、やはり雨だと面倒なので、今日だけは宿泊まりすることにしました。
ミサトンさんの独断で、宗谷岬にある、日本最北の宿に予約を取りました。
せっかく稚内に来たんだし、宗谷岬は押さえておきたいポイントだったので異論はありませんでした。

向かう途中、いろいろな「最北」をゲットしていきます。最北のコンビニ(セイコーマート富磯店)、
最北の牧場(宗谷岬牧場)、最北のGS(安田給油店)。そして宗谷岬へ到達。
牧場のある宗谷丘陵はとても雄大で、しばらくミサトンさんを放牧に出しました。
IMG_0160.jpgIMG_0200.jpgIMG_0156.jpg
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

北海道をウロウロ 1日目

くもり、ときどき晴れ

新千歳空港〜(道東道)〜十勝清水IC〜(R38)〜狩勝峠〜(R38)〜南富良野〜(r465)〜(R237)〜上富良野、美瑛〜西神楽公園キャンプ場(旭川)

Googlemapに計算させると270kmくらい。

羽田まで車で行き、朝6時の便で新千歳へ出発しました。
エアドゥを利用したのですが、窓口がいちばん左なのね・・・。
P4駐車場に停めちゃったので、端から端まで歩くことになりました。

新千歳に8時前に到着。レンタカーは青のスイフトでした。
いつも軽1BOXに乗ってる身としては、5日間かなり快適でした。

さて、当座の目標は利尻山なので、稚内を目指します。
・・・ならば、旭川空港行きの便で良かったんじゃね? ・・とは、後で気づきました。w
まあ、新千歳と旭川では新千歳のほうがチケットが大分安かったというのもあるんですけどね。

本日中の稚内入りはタイヘンなので、2日かけて行くことにしました。
今日は旭川あたりまで入っとけばいいかな、という構想です。
北海道初心者にとって、やっぱり富良野・美瑛は外せないっしょ!
少しミーハーな気もしますが、まずは北海道的な風景を楽しむことにします。

空港から、道東道へ入り、一路東へ。
富良野ならば占冠で降りればいいんですけど、何故か十勝清水まで行きます。
これは狩勝峠を通りたかったためです。
今回はツーリングマップルに「景色が良い」とされる道を優先して通ることに決めたのです。
でも狩勝峠ではちょうど曇ってしまい、景色としてはちょっとイマイチだったかな・・・。

その後R38を西進し、道の駅南ふらのに寄った後、すぐ近くの根室本線幾虎駅を見学しました。
単線はやっぱりいいのう・・・。電車での旅もしてみたいです。

・・とここで、ガスカートリッジを仕入れてない事に気づきました。基本キャンプ泊なのに、これでは火気が使えません。周りにホームセンターが無いので、セイコーマートやスーパーで探してみたのですが、ありませんでした。やはり空港周りで入手しておくべきでした。

富良野に入った頃には14時過ぎ。南ふらので白いとうもろこしなどを食べたものの、さすがに腹が減りました。富良野の展望ポイントへ向かう途中、目に入ったハンバーグ屋さんに飛び込んでみました。
ここのはうまかった・・・。私のハンバーグランキングとして、毛呂のロッキーの次としておこう。

その後いくつかお決まりのビューポイントを回り、今夜の宿泊地、西神楽公園キャンプ場へ入りました。
ちょっと薄暗い感じがしますが、無料なんで贅沢は言いません。
お風呂は8kmほど離れた東神楽の花のゆ。宿泊地として、ここに隣接しているキャンプ場でも良かったんですけど、8:30までゲート締め切りとかHPに書いてあり、それだと出立時間が遅れてしまうのでヤメときました。

夕食は、ガス缶が無いのでお風呂の隣接レストランで食べちゃいました。
普通のカレーをオーダーしました。
こういうとこのカレーはやっぱりレトルトだろうな〜、と思っていたら、
なんと! ・・・やっぱりレトルト味でした。北海道はやっぱり違うぜ!とは行きませんでした。

夜は快眠でした。
やはり家よりテントの中のほうが安眠できるような気が・・・。
IMG_0068.jpgIMG_0088.jpgIMG_0110.jpg
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

ひさびさ記事を書くのだ

今年の夏(2014年です)の山行に向けて、夫婦で休みを揃えて7日間(8/20〜8/26)確保しました。
私はこんなに長い休暇を取れる事が滅多に無いので、かなり意気込んでプランを練っておりました。
北ア北部(雲の平)、北ア南部(槍〜笠)、南ア北部(白峰三山)、南ア中部(荒川、赤石)の
4つのプランを作っておき、天気予報がいちばん良さそうな山域のプランを実行しようと考えていました。

ところが、今年の8月は天候不順が続きます。お盆を過ぎても荒れ模様。
槍沢のほか、あちこちの山域で不幸なニュースもありました。
ギリギリまで情報を収集し、出した結論は・・・、「山行中止」。
1泊程度ならともかく、縦走となると荒天は避けられそうにありません。
残念ながら日本アルプスからは撤退でございます。
はぁ〜、今年の太平洋高気圧は頼りないのう。
練ったプランはまた来年まで寝かせることにします。

落ち込んでばかりはいられません。
せっかくの1週間を無駄に過ごす訳にはいきません。
どこへ行こうか?本州はどこもお決まりの「大気の状態が非常に不安定」。
天気が良さそうなのは沖縄、まあまあ良さそうなのは北海道。
沖縄には2人で行った事があります。本島ではなく、八重山諸島ですけど。
北海道は、恥ずかしながら私だけ行った事がありません。
少し強めに主張して、今回は北海道旅行とさせていただきました。
アルプス縦走ではなくなってしまったけど、
私のヘルニアも完全には癒えてないので、まあ今年は良しとしましょう。

という事で、休暇突入の2日前になってプランの大変更です。
全く予備知識のない北海道。準備期間がぜんぜん足りない・・・。
とりあえず新千歳までの飛行機と5日間のレンタカーだけ手配し、
宿泊は基本テント泊としました。
あわよくば途中で登山もできるよう、登山装備も持ち込みます。
荷物は私は60Lと35Lのザック2つです。ミサトンさんは・・・、なんだかたくさん。
直前に手に入れたツーリングマップル北海道版だけが頼りです。

利尻山とか、大雪山の旭岳あたりに登れるといいなー、と漠然と思っておりました。
先に申し上げますと、結局は登山向きの天気には恵まれず、
5日間、どっぷり車でのツーリングになってしまいました。
通過した経路はザックリとこんな感じ↓
koutei.jpg
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(3) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

車坂峠を自転車で

先週黒斑山を登ったのですが、その帰りにミサトンさんが車坂峠の駐車場に忘れ物をしてしまいました。
登山靴を脱いだあと、なんとそのまま放置して帰ってきてしまったのです!!
履きなれていたし、愛着もあったので、1週間後ですがダメもとで探しに行くことにしました。

せっかくなので、今度は自転車で車坂峠を登ることにしました。
東部湯の丸ICを降りて東部中央公園にデポし、r79(r80)で東へ少し戻ったあと、チェリーパークラインを登ります。

ここんとこ自転車まじめに乗ってないので、10kmちょっとのヒルクライムですが死にそうにキツかったです。
でも天気は良くて鱗雲もキレイ。
P1040387.jpg

残念ながら、というか案の定、忘れ物は見つかりませんでした。(笑)
仕方ないので同じ登山靴を買い直すことにします。

お昼にはまだ早かったのですが、2人とも腹が減って死にそうだったので、登山口にあるビジターセンター内のレストランでコロッケサンドを食べました。揚げたてがサンドしてあって、超おいしいです。おすすめ。

さて、計画では稜線の道を西へ地蔵峠まで渡り、そこから下ります。
しかしこの車坂峠から地蔵峠へトラバースする道、舗装がすっかり痛んでいて、車坂峠からしばらく3kmほどはすっかりダート道になっていました。
P1040389.jpg
構わずオンライドで突破(笑)。奇跡的にパンクしませんでした。

途中の篭ノ登山登山口から道は綺麗になり、紅葉を楽しみながらのダウンヒルでデポ地へ戻りました。
ヒルクラ1本のみでしたが、やはり秋の高峰高原は雰囲気が良く、楽しめました。
もう少し脚があれば、嬬恋方面へ降りてから登り返したりして、トレーニング風味にもできるんですけどね。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(1) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ふたたびツールド妻有

去年に続いて、ツールド妻有へ参加してきました。
P1040129.jpg
この日のために、ミサトンさんはNewマシン、東洋フレーム謹製650C水色号を投入しました。
パーツも全て新調したので、経費は私のライスピよりかかってます・・。
まあ本人が大変満足しているようなので良かったです。

P1040106.jpgP1040113.jpg
前日の午後に現地入り。周辺の有名な棚田や滝を見学し、前日受付を済ませたあと、近くの清田山キャンプ場で前泊しました。
オートキャンプのサイトを予約しましたが、我々はタープなど持ってきていないので、ポツンと地味なテント1つのみ・・・、ちょっと寂しい光景でした。

P1040121.jpgP1040124.jpg
翌日はFLのみなさんと合流してスタート。
エイドステーションで食い倒れツアーを満喫し、猛暑による熱中症もなく、元気にゴールできました。それにしても現地のみなさまのホスピタリティは今年も素晴らしかったです。大鍋でパエリアが出てきたエイドステーションもあり、ビックリしました。(笑)
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

今年も鳥海山詣で

P1040047.jpg
今年参加する唯一の自転車レース、鳥海山へ行ってきました。
ライスピを初めてレースで投入じゃ!
ホイールもチタンカラーのシャマルでおそろいなのだ。
自転車のイケてる度は参加者中ナンバー1!(思い込みは大事です)
しかし成績は中の下、いや下の上くらい・・?
成績が下げ止まりませぬ。来年こそはなんとかせねば。

hitotonoya画伯、tictacさん御一行の皆さま、今年もありがとうございました!

P1040073.jpgP1040089.jpg
日曜のレース後、初めて祓川ヒュッテに宿泊してみました。
思っていたよりもかなり快適!素晴らしい施設でした。
画伯の計らいで、竜ヶ原湿原が見下ろせる素晴らしい部屋で一夜を過ごすことができました。
これだけでも良い思い出になりました。

翌日は画伯と鳥海山アタックの予定でしたが、今年もまた天気が悪くて断念・・。祓川周辺の周遊コースを15分くらい周って終了、早めにさいたまへ帰ることにしました。

まあチャンスは今後も何度でもありますので慌てませんが、そろそろ来年こそ登頂したいものです。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(2) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

チューブレスタイヤでパンク

いつもはロープロファイルの安いホイールを使用している訳ですが、新車なのでひさびさにシャマルの2WAY-FITを着けてまして、お試し的に、ユッチンソンのチューブレスタイヤを履いてみました。
(↑なんか恥ずかしくて、まだ「ハッチンソン」と呼べない世代です。)

先週の日曜、物見山方面からの帰りですが、東松山の新しいショピングモール脇の歩道(自転車道を兼ねてます)を走っていたところ、見事にパンクしました・・。
デカい木ネジが、見事にまっすぐ後輪に刺さってました。タイヤを貫通し、リムにも少し傷が付いてました。どうやれば、こんなに綺麗に刺さるんだ?

恐れていたチューブレスタイヤでのパンクを、なんと走行初日からやっちまいました。
そして案の定、こんな無間地獄。↓↓↓

@チューブレスタイヤの裏面にパッチ+ガムテで応急措置
 →空気がスースー抜けてNG。おかしいのう・・。

A仕方ないのでチューブドにする
 →ショートバルブを入れてしまい、空気が入らない

Bロングバルブで今度こそ
 →噛んでたらしく、チューブのあちこちに穴が。あわわわ。

Cパッチで塞ぐ
 →4箇所貼ったけど、まだ足りねえよ

1つの作業につき、死ぬほど固いタイヤの外し&装着が入るので、疲労度も半端でありません。
IRCの専用タイヤレバーを使用しましたが、これでも大変です。
最後、虎の子のロングバルブチューブをダメにしてしまったので、途方に暮れました。
これはもうダメかもわからんね。

・・ふとミサトンのバイクを見ると、ん?前輪ロングバルブじゃね?
おい、差し出せ!
前輪から、本当にこれが最後となるロングバルブチューブを抜き取りました。
さあ、もう失敗できません・・。ドキドキ。


・・と、ここで、悲惨な状況を見かねてか、1台のクルマのご夫婦が、車道から声を掛けてくださいました。
あんまり大丈夫じゃないけど、一般人にはどうにもならないケースなので「大丈夫なんで・・」と返事したのですが、わざわざ路肩にクルマを停めて、様子を見に来てくださいました。

旦那様はなぜかブリヂストンアンカーのTシャツを着てらっしゃいました。
おお、明らかに素人でははない感じです!どちらのかたでしょうか!?
そして、チューブをタイヤにセットするという困難なミッションを、いともたやすく、しかもタイヤレバーなしで、瞬時に対応してしまいました。
な、なんなんだ、このかたは・・。

結果として、非常に助かりました。お名前くらい、伺えばよかったです。
ナンバーと車種くらいしか覚えてません。
私も困ってる人がいたら、やさしくしよう・・・。今も極力、してますけど。


という訳で、なんとか帰れましたが、結局のべ1時間くらいロスしてしまいました。
修理中に510さんにも見つかってしまいました。どうも失礼しました。(笑)

チューブレスの乗り味はかなり気に入ったので、対策を考えねばなりません。
・ユッチンソンの専用パッチを持ち、事前に練習する
・ビードに嵌め易くするための専用ワックスを導入?
・シーラント使おうかな
・チューブドで帰るために、ロングバルブで、丈夫なチューブを1本持つ
・タイヤ装着の練習にいそしむ

こんなところかー。
今回パンクしたタイヤは、接地面が少しえぐれてしまったので、ご臨終です。
100kmちょっとしか使ってねえよ!
まあ、高級チューブラでパンクするよりマシか・・・。
いろいろ揃うまで、とりあえずまたWOタイヤ生活です。
posted by カ○イダー at 00:00| Comment(5) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

シェイクダウンしたのだ

100515は会社で労働してました。

100516は、雀川林道経由で小川町まで往復。
105kmくらい。

新しい自転車が水曜日に組みあがったので、その試し乗りをしてきました。
イタ車、フランス車と乗り継いできたので、今度はアメ車です。
アルミ、カーボンと乗り継いできたので、今度はチタンです。
P1030676.jpg
【LITESPEED ICON】
ああ、逆光じゃ・・

シャマルを履くと、7.35kgくらいです。
今まで乗ってたTIMEのエッジファーストより、ほんの少し軽いです。

パーツはほとんど移し替えで、ポジションもほとんど一緒で出せたので、乗り味の違いがほとんどわかりませんでした。笑
サイクリングペースだったからかな・・。
ダウンヒルはTIME号のほうが安心できると思います。
そのほかは、全くヒケを取らない感じ。と思いたい。

段違いで違うのは、所有感。笑
やはり男はチタンぜよ!この鈍色にメロメロです。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(7) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

走行ログ100509

100508はジョギング10km。

100509は吉見にデポして、あおぞら渋川店までのツーリング。
みなさま、ありがとうございました。
163km。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

ジョグのログ100504

お昼から私の実家へ行く予定だったので、
朝、近所を8km、ゆっくり1時間かけてジョグをしました。

盆栽町で盆栽まつり、市民の森でも農業祭のようなものをやっていて、楽しめました。

しばらくジョギングはやってなかったので、やはり走力は落ちてますなあ・・
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

GWツーリング3日目

3日目です。ただ電車で帰る日です。

朝、すぐ近くの浜で地引き網をやっているそうなので、見学に行きました。
既に結構な人が集まっていました。
地引き網というと、大勢でオーエス、オーエスてな感じをイメージしていたのですが、この日は不漁だったのか、なんか十数匹程度しか水揚げがなかったような感じでした。漁師さんがちょいっと引っ張って終了、みたいな。一同拍子抜け。笑
P1030629.jpgP1030631.jpg
でも、朝の海岸は気分が良かったです。

宿で朝ごはんを食べ、撤収です。ほくほく線の潟町駅まで移動です。
P1030633.jpgP1030635.jpgP1030636.jpg
潟町から越後湯沢まで、ほくほく線の各停。11時19分乗車。
越後湯沢から大宮まで、新幹線のたにがわ。14時過ぎに到着。
正味2時間半。まる2日かけて行ったのに、帰りは2時間半かよ・・。

去年の八ヶ岳ツーリングに比べると、ちょっとアッサリ風味でしたが、
今年は天気が最高だったので、楽しく旅行できました。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

GWツーリング2日目

草津〜渋峠〜R292(一部r414)で飯山街道〜妙高からr30〜鵜の浜温泉
約120km。

ツーリングの2日目です。渋峠を越えて、日本海を目指します。目的地は通常であれば直江津なのですが、直江津は1度行ったし、良い宿が見つかりません。なので、少し遠くなりますが、海沿いに8kmほど北東に進んだ「鵜の浜温泉」にしました。

宿を8時過ぎに出発。志賀草津道路を登ります。GWなので交通量はとても多いです。でも、他にも自転車ツーリングの人が何組かいらっしゃったので、ドライバーへの注意喚起は十分だったような気がします。結構心強かったです。
P1030601.jpgP1030604.jpgP1030606.jpg
白根には雪が残っていて、とても美しい景色でした。山頂についたら、自転車イパーイ。これが自転車ブームなのか!?

渋峠で記念撮影をしたあと、R292をグワっと下ります。寒さ対策としてウェアを山ほど持ち込んだので、下りもホカホカでした。

中野市を経由して、飯山市から飯山街道で新潟入り。この峠は標高500mちょっとしかないんですね。膝には優しくてうれしかったですが、少し拍子抜けしました。時間に余裕があったので、トンネルを抜けた先の蕎麦屋界隈で、富倉そばを食べました。
P1030610.jpg
その後、妙高市からr30へ入り、ひたすら北東を目指します。新潟の平野部をまっすぐ貫く道であり、ちょっと単調で飽きましたが、なんとか16時半に宿へ到着しました。

宿はオーシャンビューでした。日本海が思い切り目の前です。
ミサトンさんの念願の夕日も見られて、満足そうでなによりでした。
P1030617.jpgP1030623.jpg
でも、わたしは海に特に思い入れはないんですよねー。。。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

GWツーリング1日目

自宅〜(輪行)〜高崎駅〜(自走)〜草津。
自走距離80km。

ミサトンさんがまた日本海へ連れて行けと言うので、5月1日から3日間で行ってきました。

先週、私が膝痛を発症してしまい、長距離はどうも不安です。
なので、1日目は高崎まで輪行で勘弁してもらい、そこから草津までの自走としました。

群馬大津から草津までの登りは、TD草津へ輪行で行ったときに走って以来。やはりキツかったです。
でも大津の7−11に今や幻の『桃ラー』が売ってたので、峠越えの前でしたが、つい買ってしまいました。ラッキー!(笑)この際重量化は関係ないのです。

高崎を9時過ぎに出発し、膝を痛めないようゆっくり走行。草津には14時半くらいに着きました。
宿はペンションにらんぶるさんでした。2年前くらいにTD草津でお世話になったとこです。
P1030585.jpgP1030587.jpgP1030593.jpg
ヌルい1日目でしたが、膝はなんともなくて安心しました。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

走行ログ100327-28

100327は名栗のターニップでランチ。走行距離110kmくらい。

100328はりこ坊でランチ。距離は80kmくらい?
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

走行ログ100320-22

100320はときがわの古民家カフェでランチ。走行距離90kmくらい。

100321は午前中のラン10km。

100322は寄居の桜亭。距離120kmくらい。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ハーフマラソン 2回目

2週間前の深谷につづき、羽生のハーフマラソンに出てきました。
結果ですが、

ミサトンさん:1時間49分45秒(クラス124人中18位)
ワシ    :1時間42分03秒(クラス451人中141位)

好天に恵まれ、何よりでした。
スタート直前になって、ミサトンの時計の電池が切れたのには笑いました。

前回と比べて、序盤から何故かやけに苦しく、調子が悪いのかな?と思ったのですが、単にペースが早かっただけのようです。自己記録10分の更新です。前回はいったい何だったのか(笑)

それにしても、毎日走ってるひとはサスガに違いますね。
hitotonoya画伯は序盤に見かけたっきり、影も踏めませんでした。
1時間35分は早スギです・・。


自転車でもそうですが、タイムがどんどん良くなる期間が一番楽しいです。
しかし、我々のランのシーズンは、ひとまずこれで終了。
来年はハーフ90分台を目標にがんばります。
さて、そろそろ自転車にも乗らねばなりません。少しずつでも痩せていかねば・・・。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ジョグのログ100313

明日が羽生のハーフマラソンなので、あまり無理ができません。
1時間ほどジョグして終了でした。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ジョグのログ100307

100306は、会社で働きました。
100307は、ずっと雨模様でしたが、お昼頃に少しだけ雨が上がったので、近所を8kmほど走りました。終わった頃に雨が強まってきたので良いタイミングでした。
posted by カ○イダー at 23:00| Comment(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。